探していました安心して食べさせられるカナガンキャットフード

アレルギー持ちの猫を飼っています。

 

動物病院でも診てもらいましたが、猫のアレルギーを特定することは難しいということでした。

 

キャットフードを変えるまでは、とにかく身体のどこかが痒いみたいで、身体を丸めて、一日中舌で身体中を舐めている猫でした。

 

毛が抜けるのも酷くて、身体中にブツブツとした発疹が出来ていました。

 

 

原因物質が特定出来ないので、対処方法が今のところないといわれて困り果てているところに、偶然カナガンキャットフードの広告を目にする機会があったのです。

 

カナガンキャットフードは猫本来の食事を目指しており、穀物不使用にこだわっているキャットフードという言葉に魅かれて、試しに購入してみることにしたのです。

 

また低アレルギーのキャットフードなので、愛猫のアレルギーが少しでも改善することが出来ればいいなぐらいの気持ちで初めてみることにしました。

 

 

市販されているキャットフードには、小麦などの穀類や乳製品などアレルギーになる可能性の原材料が含まれていますが、カナガンキャットフードには、

これらの原材料が避けられていますので、安心してキャットフードをあげることが出来ます。

 

 

急に餌を変えてしまうと、食べなくなってしまうこともあると人から聞いたので、これまでのキャットフードに少しずつカナガンキャットフードを混ぜて、時間をかけてならしていきました。

 

こうした完全にカナガンキャットフードに餌を切り替えることに成功し、今は猫自身が喜んで食べてくれるようになりました。

 

キャットフードの味も気にいってくれたようで、最近ではもうちょっとちょうだいとおねだりをするようになっています。

 

このキャットフードに切り替えたせいかどうか解りませんが、アレルギー症状の方は、今は治まっており、毛の抜けや発疹の症状も出てこなくなってきました。

 

猫の健康状態もなんだかよくなってきましたので、これからもずっとこのキャットフードは続けていこうと思っています。

 

口コミでもおすすめされているカナガンキャットフード

長い間、猫を飼っていますが、餌には全くこだわりがありませんでした。

ペットショップでリーズナブルに購入できる餌を与えていました。

 

食いつきも良かったですし体にも異常がなかったので、ずっと安い餌を与えていたのですが、愛猫が歳を重ねてからはきちんと健康対策をしてあげたいと思うようになりました。

 

今まで餌に含まれている原材料を気にしたことはありませんでしたが、猫の健康や毛並みのことを考えたときにおすすめは、

グレインフリーの餌がベストだということを知りました。

 

そこで、グレインフリーにこだわって餌選びをしてみました。

 

 

 

そんな中、口コミでおすすめされていたのが、カナガンキャットフードです。

カナガンキャットフードは、グレインフリーになっているのはもちろんのこと、健康管理や体重管理にとても良いとの口コミを発見しました。

口コミを信じてカナガンキャットフードを購入してみたのですが、喜んで食べてくれています。

 

袋を開けた途端、美味しい匂いがしたようで飛びついてきました。

今までのキャットフードでは、こんな姿は見たことがありません。

 

 

美味しく食べてくれているのも良かった点ですが、その他にも以前よりも毛並みが良くなったことにびっくりしました。

ボサボサだった毛並みが今はツヤツヤです。

 

 

餌を変えるだけで毛並みまで変えることができるなんて驚きました。

また、ウンチも健康になったと感じています。

カナガンキャットフードは、今まで与えていたキャットフードと比べてしまうと高額です。

 

しかし、餌が違うだけで猫の健康をしっかり守ってあげることができるので、我が家ではこれからもカナガンキャットフードを与えていきたいと思っています。

食べるもので猫の寿命も長くなるそうです。

 

かかりつけの獣医師にも猫の健康を考えるのであれば、体に負担のない安心安全なものを選ぶようにと言われています。

 

愛猫は我が家にとって大切な家族です。

少しでも長く楽しい毎日を愛猫と過ごしていけるように餌にもこだわっていきたいです。

 

 

我が家の愛猫には、毎日カナガンキャットフードを与えています

娘がいつも遊んでいる空き地で、段ボールに入れられた子猫を見つけ、拾って帰ってきました。

 

娘自身が責任を持って世話をするという条件を付け、我が家で飼う事になったのです。

 

最初はミルクを与えていたものの、次第に体が大きくなってきた事もあってキャットフードへ切り替える事にしました。

ところが暫くすると、そのキャットフードを一切受け付けなくなってしまったのです。

 

娘が学校に行っている間、私が世話を行っていた為次第に愛情が湧いていた為取りも直さず、近くの動物病院へ連れて行きました。

診断の結果、どこにも異常が無いという事だったのでホッとしたものの、相変わらず与えたドッグフードを食べてはくれません。

 

 

獣医に相談したところ、キャットフードそのものに問題があるのではないかと指摘されたのです。

 

 

近所のドラッグストアでは、時折キャットフードの特売セールが行われます。

 

 

その際にまとめ買いしたものを、毎日与えていたのでライフステージの事等、一切考慮していなかったのです。

愛猫が喜んで食べてくれそうなキャットフードを与えたい、その一心で検索してみたところカナガンキャットフードを与えているオーナーが多い事に気が付きました。

カナガンキャットフードには、穀物類が一切含まれていません。

 

 

猫は人間のような、炭水化物を分解する酵素を持っていない為、避けた方が賢明だと言われているのです。

猫の健康について、徹底的に考え抜かれた逸品だと考え早速カナガンキャットフードを取り寄せてみる事にしました。

 

自宅に届いたその日から、カナガンキャットフードを与えてみたのですが余りの食いっぷりの良さに驚かされます。

 

残さず食べるばかりか、おかわりまでせがむ様になったのです。

 

 

それからというもの、定期コースを利用し毎日のようにカナガンキャットフードを与えています。

市販されているキャットフードに疑問を感じている方や、いつまでも猫と楽しく暮らしたいとお考えの方は是非一度、試してみて下さい。

 

 

口コミ評判が高いカナガンキャットフードを愛猫に与えています

我が家では数ヶ月前から、愛猫に与える食事をカナガンキャットフードに切り替えました。

切り替えた理由は、愛猫の健康についてしっかりと考えてあげたいという気持ちが強まったからです。

 

我が家の愛猫は既に高齢期に差し掛かっており、若い頃に比べると運動量も食事量も減ってきました。

 

このままで放っておいては身体がどんどん衰えてしまって、病気やケガのリスクも高まりそうだと心配になったので、身体の資本となる食事を見直そうと思ったのです。

 

 

数あるキャットフードの中から、カナガンキャットフードを選んだのは、口コミでの評判が良かったからです。

 

いろいろと口コミを見て回った結果、まず、食いつきの良さについての評判がかなり高いと感じました。

 

商品を開封したら、美味しそうなニオイにつられたのか猫が駆け寄ってきてたくさんフードを食べてくれた、といった喜びの声が多数寄せられているのを見かけたのです。

 

 

実際に利用してみたところ、我が家の愛猫の場合はフードの切り替えを行ってすぐに劇的に食いつきが良くなった訳ではありませんでしたが、

少しずつ新しいフードの美味しさを実感してきたのか、だんだんにたくさん食べてくれるようになりました。

 

 

食欲が戻った愛猫の姿を見ていると、フードの切り替えを行って良かったとしみじみと思います。

 

また、口コミでは猫にとって負担になる素材が配合されていない点も高評価されていました。

 

人間と違って猫の場合は炭水化物を上手く消化できないため、一般のキャットフードに含まれている穀物類は、

猫の身体にとっては不要であり、アレルギーの原因になる恐れもあると言われています。

 

その点、カナガンキャットフードの場合は穀物類を配合せずチキンを中心としたフードに仕上げているため、安心して愛猫に与えることができるのです。

 

愛猫が美味しそうに食べてくれる上に、身体にも良いのであれば言うこと無しなので、これから末永くカナガンキャットフードを利用し続けていこうと思っています。

 

 

ミーの大好物はカナガンキャットフード

私がカナガンキャットフードの名前を知ったのは、猫を購入した日が初めてです。

というより、キャットフードなら何でも良いと思っていたくらいですから、偉そうな事は言えません。

 

しかしこの日から、毎日が楽しくなったのは間違いの無い事です。

最近私は仕事での成績が芳しく無く、落ち込みがちな毎日を過ごしていました。

 

そしてある日土砂降りの帰り道、ふと今までは気にも留めなかったペットショップに足を向けていたのです。

 

私はふらっと店内に入ると、店の奥からいらっしゃいませという声が聞こえ、店主らしき女性が出てきました。

 

 

彼女は無理にペットを薦める様な事はせず、ゆっくりと見ていって下さいと言うばかりです。

私の住むマンションのオーナーも、共に住む住人達もペットに寛容な人ばかりです。

 

ですからペットを飼うこと自体は、問題ありません。

先月貰ったボーナスの使い道も考えていなかった私は、アニメにも出てきそうな気ままな猫が気に入りました。

 

自分もこの猫の様に振る舞えたらという願いが、私をこの猫に巡り合わせてくれたのかも知れません。

 

 

ペット入門者の私は、餌はどうすれば良いのかと尋ねると、カナガンキャットフードを紹介してくれました。

何処が良いのかと尋ねると、人間と同じで人工添加物不使用である事が、一つの魅力だと言います。

 

 

また店主は穀物が入っていない事も、メリットだといいます。

 

穀物は人間も食べるもので、彼女に疑問をぶつけました。

すると猫は人間とは異なり、穀物類に含まれる炭水化物を分解する酵素を持たない為、避ける事が望ましとされていると聞き、更にはお腹を壊す可能性があると教えてくれました。

 

ですから、良く考えられたキャットフードだと、感心した事を覚えています。

 

店を出ると、土砂降りは噓の様に晴れ渡り、満月が私とこれから相棒となるミーを祝福しているかのようでした。

ミーとは、購入した猫の名前です。

 

帰宅すると私は早速適当な皿にカナガンキャットフードを入れると、余程お腹が空いていたんでしょう。

慌てて口に頬張る姿は、可愛らしく私に安心感をもたらしてくれます。

 

 

それはまるで、そんなに落ち込まなくても大丈夫だよ、と言ってるかのようでした。