我が家の愛猫には、毎日カナガンキャットフードを与えています

娘がいつも遊んでいる空き地で、段ボールに入れられた子猫を見つけ、拾って帰ってきました。

 

娘自身が責任を持って世話をするという条件を付け、我が家で飼う事になったのです。

 

最初はミルクを与えていたものの、次第に体が大きくなってきた事もあってキャットフードへ切り替える事にしました。

ところが暫くすると、そのキャットフードを一切受け付けなくなってしまったのです。

 

娘が学校に行っている間、私が世話を行っていた為次第に愛情が湧いていた為取りも直さず、近くの動物病院へ連れて行きました。

診断の結果、どこにも異常が無いという事だったのでホッとしたものの、相変わらず与えたドッグフードを食べてはくれません。

 

 

獣医に相談したところ、キャットフードそのものに問題があるのではないかと指摘されたのです。

 

 

近所のドラッグストアでは、時折キャットフードの特売セールが行われます。

 

 

その際にまとめ買いしたものを、毎日与えていたのでライフステージの事等、一切考慮していなかったのです。

愛猫が喜んで食べてくれそうなキャットフードを与えたい、その一心で検索してみたところカナガンキャットフードを与えているオーナーが多い事に気が付きました。

カナガンキャットフードには、穀物類が一切含まれていません。

 

 

猫は人間のような、炭水化物を分解する酵素を持っていない為、避けた方が賢明だと言われているのです。

猫の健康について、徹底的に考え抜かれた逸品だと考え早速カナガンキャットフードを取り寄せてみる事にしました。

 

自宅に届いたその日から、カナガンキャットフードを与えてみたのですが余りの食いっぷりの良さに驚かされます。

 

残さず食べるばかりか、おかわりまでせがむ様になったのです。

 

 

それからというもの、定期コースを利用し毎日のようにカナガンキャットフードを与えています。

市販されているキャットフードに疑問を感じている方や、いつまでも猫と楽しく暮らしたいとお考えの方は是非一度、試してみて下さい。